2012年10月07日

五月山~妙見山トレーニング

 3連休の2日目。もっと天気が良いのかと思ったが・・・何となく天気予報にだまされている感じ。 それはさておき、いつものように午前中だけ自転車でトレーニングです。
 
 出発時点では気温も低めなので、五月山を上ってもそれほど大汗をかかないだろうと思って久々にアタック。
 たしかに滝のような汗ではないが、上っているときはそれなりに暑い。 その代わり、日の丸展望台で休憩しているときは気持ちが良い。
 
 さて、この先は代わり映えしないが、箕面川ダムから高山経由妙見山か・・・。と走っていたら、上り坂で自動車が後ろからゆっくり近づいてくる。
 左端へ避けているのにさっさと抜いていかない。なんだこの車は?と思っていたら窓を開けて“すいません”と呼び止めさせられた。
 
 一体、何事だろうと思って止まって“はい?”と言うと、“ちょっと良いですか? ○○へはどうやって行くのですか?”だって。
 
 げぇ~~、急坂じゃ無いにしろ、上り坂で止めないでよ。ペースが狂うでしょ・・・って威張るほどのペースで走っていないが(笑)
 
 聞かれた行き先は詳しくは知らないところでしたが、きっとあの辺りだろうと思う道順を教えしたが“ナビがぐるっと回る表示がされているので・・・”だそうです。そんなこと私に言われてもなぁ~。  そして車は楽々と坂道発進して行ってしまった(笑)
 
 箕面川ダム近くで猿が出迎えてくれた。 そういえば、以前にもここで猿をたくさん見かけたのはこの時期だったかな。
 襲ってくることはなさそう・・・と言うより、貧乏ローディーと見破られ、食べ物を持っているようには見えなかった?(笑)
  
 そしていつものコースに入って妙見山へ。 到着した時は気持ちよかったが、能勢ジンジャーエールを飲んで一息ついていたら、曇ってきて雨がパラパラし始め気温も低下。
 スマホを見る限り雨のエリアは大したことないが、ウィンドブレーカーを着て最短コースで帰宅することにした。 

121007_20_15_56_s






















 右上のオス猿は、何いじってんだよ。そんなとこ引っ張るなって(笑)

  
 

 本日の走行距離:約51km
posted by Hide at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | FELT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

妙見山ポタリング

120916_21_25_48_s 

 昨日分の記事です。  14日(金)、15日(土)の二日間はRTでタンデムツーリングしていましたので、少し朝寝をしていましたが、天気予報では17日(月)の方が悪い感じでしたので、FELTで軽く走ってこようと思って11時頃から性懲りもなく妙見山へ。
 
 陽が当たるとまだ暑いが、さすがに以前よりは弱くなっている感じ。 走っていても真夏の頃ほどバテて来ません。
 
 台風の影響だろうか、風が吹いて気持ち良い。時折、向かい風になるのは困るのだが(笑)
 
 いつものように箕面駅方面から、箕面川ダム~高山~豊能へ。R423の金石橋交差点の信号でストップして、水分補給をしようとシートチューブのドリンクに手を伸ばすと・・・右手が空を切る。
 うん?と見るとボトルゲージからドリンクが消えている。
 
  はて、最初から持って来なかった? もしかしてアルツか? そんなことはない。箕面ビジターセンターのところで休憩した際には飲んでいるのは覚えているから。
 
 高山からの下り坂で路面の段差で跳ねた時に落ちた? 軽快に下りすぎたか? 自転車用のドリンクボトルじゃなく、保冷機能の高いサーモスのボトルだからボトルゲージから抜けやすいのが難点。(POLARボトルでも夏場はすぐに生温くなるから嫌いなんです)
 
 さて、どうしようかと30秒ほど悩みましたが、どこへ転がっていったか判らないだろうから、探しに上って行くのはやめました。こういうことは諦めが肝心。と言うより、折角、降りてきた道を上る気にならないだけか(汗)
 
 
 ・・・と、ここまで書いて、今更ながら考えると、ビジターセンターで飲んだときに腰掛けていた石の横に置いた覚えは確かにあるが、それをちゃんとゲージに戻した記憶が・・・。 やっぱりアルツか?(涙)
 う~む、下り坂で跳ねて無くなったことにしておこう。 それが一番丸く収まる(爆)
 
 
 こんなことをいつまでもクヨクヨ引きずっていてはいけないので、話を変えよう。 ボトルを取りに戻ろうかと高山方面を振り返った際に空を見ると、やけに暗い。
 
Screenshot_20120916121412_3  えっもしかして雨? とスマホを取り出して確認すると確かに降っているようだ。 妙見山方面は青空なんだけど、こっちへ来るのだろうか。
 
 今日はここで諦めてR423で戻るか、それとも頂上へ逃げ切るか。(下り坂ならいざ知らず、頂上へ登る前に追いつかれる可能性が高いのに、ワイルドだぜぇ~)
 
 終盤で少し降られるかも知れないが、頂上を目指そうと腹を決めて上り始めます。予想より早く通り追いつかれたのか、途中でパラパラしましたが程なく雨が上がり、頂上へ着いたときには青空でした。
 雨雲が追い越していったと言うより、雨雲が弱くなっていったようでした。
 
 雨から逃げるぞ!という思いもあったせいか、今までで一番早く上れた?気がする。
 頂上で一休みして、柚子サイダー2本をお土産に買って帰宅しました。
 
 
 それにしても、今日はいつもの妙見山より楽だった。やっと、慣れてきた?  気温も落ち着いてきたので、次は久々に六甲山か。
 
 本日の距離:約52km

2012年09月02日

コウノトリチャレンジ無事完走しました

 本日開催されたコウノトリチャレンジライドin但馬を無事完走しました。 なかなかハードなコースでしたが、楽しめました。

 朝7時30分に開会式が行われ、8時過ぎにスタートし、約110kmを走って14時40分頃ゴールしました。
 
 ちょっときつい坂が何度かでてくるコースをこの時間で走りきったので十分満足です。 とりあえず、簡単に写真をまとめてみました・・・エイドステーションの食べ物ばかりか(笑)
T__120902_21_09_21
 
 こうした大会に参加したのは初めてですが、楽しいですね。やみつきになりそう(笑)  スタッフの皆さんならびに沿道で応援していただいた地元の皆さんありがとうございました。
 
 明日は夏期休暇を取っていますので、城崎温泉にもう一泊してから帰ります。
 GPSのログも含めた記録は帰阪してからにします。
posted by Hide at 21:48| Comment(6) | TrackBack(0) | FELT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする