2010年05月22日

午前中に軽く70km

 明日は朝早くから出かける予定でしたが、どうやら天候に見放されたようで計画は来週へ順延することに。 そんな訳で、明日、体は空いたが雨では自転車にも乗れないし、今日、明日の準備をする必要もない・・・ってことで今日、午前中だけ走ってきました。

 前回に続けて五月山・・・ってことも頭をかすめたが、今回はパスすることにした。しかし、少しは登りが入ったコースをと思い、まずは「道の駅いながわ」を目指す。 と言いながらもRTや車だったら川西からの登り坂も気にせずメインルートを使うが、川沿いで徐々に登っていくコースを選択。う~む、言うこととやっていることが矛盾気味か?(笑)。

 サイクリングロードなどを走ることが多いので、道幅が狭くて車が多いところはちょっと怖いです。 念のため小型のバックミラーは付けてありますが、トラックやダンプが迫ってくると緊張する。 それに、マナー悪い車は近いところを抜いていくし・・・これは、「人の振り見て我が振り直せ」ですね。自分も車を運転する時、サイクリストが怖くないようもっと離れよう。

 
 さて、登りがあると言っても山越えのような急勾配がないから、適度な運動になりました。 もう少し走れば「うわのそら」まで行けるが、まさか一人でランチを食べて帰るって訳にもいかないので、有馬富士公園でUターンです。

 上の写真は途中にある「長谷ぼたん園」です。ノボリが出ている通り、ぼたん祭りの開催中でしたが、もうそろそろ牡丹の見頃も終わり頃じゃないでしょうか?入っていないから判りませんが。


 今日はサイクリストが多かった感じです。やっぱり、明日が雨で走れないから今日走ろうって人が多かったのかも知れません。
 先日よりも暑かったが、どっと流れるほどの汗をかくほどでもなく、日陰に入れば少し涼しさを感じることもでき、気持ちよく走れた70kmでした。


posted by Hide at 15:01| Comment(6) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

五月山サイクリング

 やっと五月山へ再挑戦してみました。今のFELTを買った直後にちょっとだけ登ったのですが、こりゃ今の自分の体力じゃ頂上まで行くのは無理だと思い、その後は平坦な所ばかりで距離は100km超えてもさほど苦痛もなく、そこそこのペースで走っていたが、五月山のような勾配のきついところからは逃げていた?。

 折角、五月山の地元に住んでいるというのに、いつまでも逃げていてはこの先も何だかんだと理由をつけてずっと行かなくなってしまうような気がしたので、奮起してチャレンジしてみました。

 五月山ドライブウェイの料金所を過ぎて、すぐに心臓破りの勾配で始まり、私の体力では非常に厳しい登りの連続で、とてもじゃないが何度も休憩しながらじゃないと頂上まで登り切れませんでした。

 写真左は「秀望台」、右は「日の丸展望台」です。ここが五月山の頂上だと勝手に思っていた(事実、記念のスタンプ台があった)が、目的地の箕面川ダムまではこの先にも登り坂があるんですね。一度、車で下見しておくべきだったかも。

 それでも、何とか押して歩くことはなく、箕面記念の森の手前までの全てを登り切りました。軽く走れる人からすれば「あんなに休憩ばかりして、登り切ったというのか」と疑問を持たれそうですが、某国のH総理によって、言葉の定義なんてものは自分の都合の良いように決めれば良いし、やばくなれば何度でも変えれば良いってことを学んだからねぇ~。だから「頑張ったなぁ、やれば出来るじゃん」って自分を誉めることにする。

 箕面川ダムが見えるところまで降りて猿の写真を撮っていたら、阪大の自転車部なんだろうか?「途中で仲間(どうやら新入部員にここを初めて走らせているらしい)と出会わなかったか?」と聞かれたが、会話より彼(女性じゃないですよ)のすごい太ももに目がいってしまった(笑)。 やっぱり、あれくらいの太ももじゃないとここを楽々登るのは無理なんだろうか。

 写真左は登り切って、若干下ったところにある「箕面記念の森」、右はさらに下った「箕面川ダム」

 写真左は箕面川ダムが見える辺りで出迎えてくれた?「箕面のお猿さん」。子連れの猿もいたから、余り刺激するとヤバイかも知れないが、下りなら逃げ切れるだろう(笑)。 写真右は途中で、栄養補給に食べた井村屋の「小倉ようかん」です。 朝飯はもちろん食べてから出かけましたが、念のためコンビニで買ってから登りました。


 今回は朝から登り始めたので、あまり自転車がいなかったようですが、途中で2台の自転車に抜かれ(1台は私が休憩中だったが)ました。しかし、焦らず自分の体力に合わせてマイペースで行くしかないですね。 抜いていった人はきっと私よりずっと若くて体力があって、何度もここを走っている人だろうってことにしておく(笑)。 もっと、多くの人が走っていて、ドンドン抜かれたら落ち込んだかも知れないが、あまり出会わずに済んで良かった。
 もっとも、抜いていく時も「こんにちは」って言って抜いていくから、サイクリングロードを無言で走っているより、気持ちが良いかな。

 箕面川ダムから、そのまま下ろうか悩んだが、ダム付近でちょっと長めの休憩したので、懲りずに、今気持ちよく下ってきたところを登ってみようと思い、Uターンしてスタート地点へ戻ることにしました。
 無事に降りてきて、まだ昼まで少し時間があったので、酷使した足のストレッチを兼ねて大阪空港まで軽く流してから帰りました。
 
 距離は32kmほどで、さすがに短い。
 平均速度も・・・これは下り坂と、下りてからの平坦路でカバーしているだけか。

 
 幸いにして暑くなく、登り坂でも大汗をかくこともなく気持ちよかった。頂上付近のなだらかなところから見える景色も良かったし、また、いつかチャレンジしてみたいが、少しでも休憩が減らせるかなぁ。
 

posted by Hide at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

甲子園浜サイクリング

 まるちゃんさんと2台でサイクリングに行ってきました。 今年のGWは本当に天気が続き、今日も暑くなりそうな天気予報だったので朝8時に自宅を出る時、どんな服装にしようか悩みましたが、夏用の半袖とUVアームカバーで行って正解でした。 帰ってきてから見らたアームカバーとグローブの僅かな隙間が日に焼けていた(笑)

 いつものように猪名川を下って神崎川を上って淀川へ出てから、左岸へ渡り、集合場所の赤川鉄橋へ向かう途中、前を走る「まるちゃん号」のTREKを発見し鉄橋まで併走。
 一旦、小休止してから赤川鉄橋を渡り、淀川を下る。 淀川河川公園では、数多くのバーベキューを楽しむ姿を見て、この天気だとビールがさぞ美味しいだろうなぁ~、今日帰ったらやっぱりビールだな。なんてことを考えながら走る。
 
 そして、国道43号線沿いを西へ走り武庫川へ。 ここまでは、一人で2度ほど来ているので、道もほぼ分かっているが、鳴尾浜へ向かうため、武庫川河川敷を下っていったら、なんと行き止まりだった。(写真左)
 少し上流へ戻り、堤防道路を走って再び河口へ。そして無事鳴尾浜へ到着。
 

  写真上の海釣り公園って、見るだけでも入場料が要るとは知らなかった。・・・もちろん、入りませんでしたが。

 「海辺のバーベキュー」か、良いなぁ。 もう、プールで楽しんでいる人がいるんですね。
 そう言えば、昨日が和歌山の白浜が海開きってニュースで言っていたな。(後から知りましたが、ここは温水プールのようですが、今日は何℃くらいにしてあるのだろう)

 寄り道している間に12時を過ぎてしまいましたが、本来の目的地?である甲子園浜へも寄りました。じっと見ていると暑い。
 鳴尾浜から海沿いを走ってグルグルしすぎたみたいで、申し訳ありませんでした。>まるちゃんさん

 さて、昼食をだ。と言うことで、昨日、甲子園付近での食事処をネットで調べた蕎麦屋さんへ向かうが、1軒目は定休日?ネットでは火曜休みじゃなかったような記憶だが、連休ですからね。 ちょっと走った2軒目はやっていて、無事食事にありつけました。

 手打ち蕎麦の「雅屋」です。JAZZが流れる落ち着いた雰囲気でなかなか良いのでは?私は天ざる(1,600円はちょっと高め?)を食べ、お腹も満たした。

 お腹も膨れたので出発し、国道2号線を東進し神崎川を目指す。神崎川沿いのなにわ自転車道を快走する。まだ、時間も体力もありそうなので、茨木へ出て帰ることにした。
 神崎川と安威川の分岐(合流点)で、まるちゃんさんと別れ、ここからは初めて走るルートで安威川を上って行ったが、河川敷を走り続けたのは失敗だったようです。途中ミスコースもあったり、思っていたルートよりショートカットした形ですが無事茨木廻りで17時前に帰宅しました。

 まるちゃんさん、本日はお付き合いありがとうございました。100km越え初体験お疲れまでした。 また、お土産ありがとうございました。熱燗用のお酒を買ってこなくては(笑)

 走行距離は108kmで、思ったより短かったな。
そういえば、oregon300を本格的に使うのは初めてでしたが、う~ん、感度や使い勝手には特に問題ないし、こうして画面をキャプチャできたり、色々機能が多くて良いのだが、60CSに比べると、やっぱり見にくいですね。 まぁ評判通りと言えばそれまでですが、60CSはサングラスしていてもよく見えたもんな~。 自転車専用にedge705をポチっとしてしまう可能性も・・・?

posted by Hide at 21:22| Comment(6) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする