2016年11月06日

和田 竜(著) 『村上海賊の娘』読了

book20161106もう読み終えて2週間くらい経っているが、今頃になって記録を残す暇が?できた。(休みの日は色々遊ぶことがあって、忙しいからなぁ)

単行本の頃から文庫本が出たら読みたいなぁ~と思っていた本です。 だって、村上海賊と言えば、今ではサイクリストの聖地と呼ばれる『しまなみ海道』が本拠地であり、私も自転車で3回走りに来ている。
2度目のライドでは、今回の基になっている『村上水軍博物館』へ立ち寄ってますからねぇ~

その割に文庫本になってすぐ買っていないのは何故だって?突っ込まれても困るが(^^;

単行本は上・下の2巻だが、文庫本は4巻ものになっているから通勤カバンの中で邪魔にならない厚さが嬉しい。

いやぁ~面白かった。最初に2巻購入して読み始めたら・・・「これはいかん!すぐに残りの2巻を買わないと、あっという間に読み切ってしまう」と思ったほど、読み始めたら"かっぱえびせん状態(やめられない、とまらない)"に陥ってしまった(笑)

第四巻にある山内譲さんの解説によると、登場人物の殆どが実在の人物(多少、面白くするために誇張してあるのだろうが)であり、全体的な話の流れも史実に合わせてあることを知った。
ただし、主人公である村上景(能島村上家の当主、村上武吉の娘)は、残念ながら実在しないようだが、武吉に娘がいたことが記された資料が見つかったことによってこの作品が生まれたという。

史実にもとづく展開もあったので、一段と興味を持って読んだのかも知れない。 ちょくちょく昼休みの散歩で行く、"西本願寺"と"東本願寺"が分かれている経緯も終章で初めて(覚えていないだけか?)知ったし、歴史の勉強にもなった。

なんと言っても戦いの描写が凄く、どんどん引き込まれてしまった。特に景と眞鍋七五三兵衛の死闘は読んでいても手に汗握る感じ。
やっつけたと思った七五三兵衛がまだ襲ってくるところなど、第一作のターミネーターでシュワちゃんが演じたT-800を思い出してしまった。とするとそれに戦う景はサラ・コナーか?

いや、景は醜女で身の丈六尺、しかも相当強い女なのだから、サラ・コナーよりも霊長類最強の女をイメージするべきか?(笑)
もっとも、景の醜女というのは見る人によっては違うようだし、本当は綺麗なのかも。

最後は児玉就英に輿入れして、めでたし・めでたしとなるのか?と思ったが、それだと史実と異なってしまうから仕方がないな(笑)

大坂本願寺や木津川河口から、明石海峡に浮かぶ船の数が判るほど見えたかどうかはちょっと疑問だが、今の時代と違って夜は真っ暗だからかがり火はよく見えたかも知れない。

これをドラマか映画化して欲しいな。もちろん、一向宗の信徒である源爺や留吉もよい味出しているので、ちゃんと入れてね。彼らは実在しなかっただろうが、もしかしたら似た者がいたかも知れないし 。

あぁ、もう一度"しまなみ海道"へ行きくなってきた。春になったらRTでひとっ走りするか。久しぶりに『伯方の塩ラーメン』も食べたいし・・・なんで自転車じゃないのだ?って言われるか(笑)

posted by Hide at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

森見 登美彦 (著)『聖なる怠け者の冒険』読了

20161005−book書店の平積みで「2014年本屋大賞ノミネート作」と「みんなで選ぶ第二回京都本大賞受賞作」と書かれた帯に惹かれて・・・つい購入(^^;

森見さんの本は初めてかな?と思ったら、10年ほど前に『きつねのはなし』を読んでいました。
 
『きつね・・・』と同様に、京都市内が舞台になっている。
"ぽんぽこ仮面"と名乗る正義の味方?と彼を追うアルパカそっくりのボスがいる謎の組織がでてきたり、"私は人間である前に怠け者です"と豪語する主人公やこれまたよく分からぬ主人公の上司と先輩らが京都市内を駆け回る?。

話の中には"デンキブラン"をもじった"テングブラン"なる飲み物がでてきたり登場人物や話はハチャメチャ?でよく分からないんだが、何故か面白く感じて知らぬうちにページが進んで読み終えてしまった(笑)

まぁ、たまにはこうした本で息抜きするのもいいか。


そういえば、第一回京都本大賞受賞作は何なんだろう?ちょっと気になるな。

posted by Hide at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

荻原 浩(著) 『花のさくら通り』読了

20161005-book3週間ほど前に読み終えているが、パソコン不調で書いていなかった。ちょっと長めですが、やはり、荻原さんの本は面白い。

ユニバーサル広告社が地方のシャッターを閉めている店が多い商店街を復活させようとするが、変化を望まない重鎮たちがいて、思うようには進まない。

それでも、負けずにチャレンジして徐々に重鎮たちも考えが変わってきて、商店街の活気が戻り始める。 現実はそんな簡単には行かないであろうが、面白いから気にしない。お寺の息子と教会の娘もいい味出している。

「ユニバーサル広告社」シリーズ第3弾とのことなのですが、第1弾、第2弾を読んでいない(^^; 機会があれば読んでみようと思う。

posted by Hide at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする