2016年05月03日

安藤 祐介(著) 「営業零課接待班」 読了

20160503-1

安藤さんの本は初めて読むと思う。
書店の平積みで、ちょっと気になるタイトル(笑)で思わず購入してしまった。
 
会社から退職勧告を受けてしまった社員らが1年間限定のプロジェクトチームとして新設された接待営業専門の部署「営業零課」で起死回生の逆転劇。
 
ありえない話だが、サラリーマンなら多かれ少なかれ経験するような諦めや挫折をチームワークとコミュニケーションで乗り越えていく話は良いかも。
 
ただし、こんなに飲み続けていたら、プロジェクトを成功させる前に体を壊してしまうだろうけど(^^;

表紙の絵は自分が思い浮かべるイメージと違うが、まぁいいか。

話の中で出てくる「積極的脱力思考」は良いかもね。確かに人の目なんか気にする必要ないかもね。

posted by Hide at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック