2016年01月11日

姫野カオルコ(著) 「昭和の犬」 読了

20160111book姫野さんの作品を読むのは初めてだと思うが、年末に読み終えた「ストーリー・セラー」に挟まれてていた宣伝を見てちょっと気になったので購入。

直木賞作品が気になったと言うより、作者が自分と同じ年の戌年で、これに登場する主人公も同じ年生まれとしてあり、そこへ犬がどんな風に出てくるのだろうと興味を持ったのですが・・・。

ちょっと期待と違った内容で、やっぱりオレに直木賞作品は向かねぇな。と言うのが正直なところかな(^^;
 
 
私が文学青年・・・じゃない、文学中年になるのはまだまだほど遠いか(笑)

posted by Hide at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック