2015年10月04日

宮部 みゆき著「小暮写眞館」

20151004book宮部さんの作品で有名どころの「模倣犯」は読んでない(^^;

 
かなり前だが「誰か?Somebody」を読んでいる。
それ以来だと思うので、これが自分にとっては2作品目か。
 

想像していた内容ではなく、特に前半はこれって青春モノ?でしたが、途中で放り出すことはなく、知らず知らずに読み続けていた。

腹を抱えて笑うようなものではなく、上・下巻の長編なのに読んでいて苦痛にはならない。

後半はなぜか引き込まれてしまっていた。前半はこの後半のための布石だったか。・・・普通そうだわな(笑)。


主人公を取り巻く登場人物の個性豊かなところが良い味出してる。こんな人たちが周りに居たらきっと面白いだろう。

2013年にNHKでドラマ化されていたのか。惜しいことをしたな。

posted by Hide at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック