2014年07月27日

Parallels Desktopの導入

DSC06755_s昨年末にMacminiを購入して以来、BootCampでWin7を立ち上げている頻度がどんどん高くなってきている。

もともとがWinユーザなんだからある程度予想はしていたが、これじゃMacを持っている意味ないじゃん・・・ってことで、MacOS上からWin7を直接立ち上げるため、仮想化ソフトウェアParallels Desktop 9 for Macを購入した。

既にBootCampでWin7を入れてあったので、インストールの時にちょっと悩むところがあったが、何とかなった感じ。

設定でCPUのコア数とメモリの割り当てを調整したら、BootCampで立ち上げているのと速度は変わらない気がする。
こんなことなら、最初からこうすれば良かったかな。

と言いながら、このマシンは休日しか使わず、毎日のように使うのはWin7のノートPCなんだが(^^;


P.S. 写真は記事と直接関係ないが、この模様、分かる人には分かるはず?(^^;

posted by Hide at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック