2011年04月14日

2011年の花見・・・・その2

 五月山での花見の翌日、今度は京都は「哲学の道」へ行ってみました。
 さすがは桜の有名どころですね、平日でも満開の桜の時期ですから観光客はそれなりに多いです。休日の昨日はすごい人混みだったのだろう。
 左の写真は桜じゃない(そんなこと誰でも判りますよね)ですが、綺麗だったのでとりあえずアップしよう。

 疏水沿いに満開の桜・桜、そしてまた桜、う~ん、もう桜でお腹一杯って感じ。 少し風が吹いた時の桜吹雪は綺麗でした。

 肝心の写真の出来は、人が入らないようにしようとすると構図が限られるが、疏水にゴミ袋が落ちていたり、配管が見えたりで難しい。それでも、五月山の写真より良いかなぁ。

posted by Hide at 22:43| Comment(4) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桜を被写体にアクティブに動かれておられますね。
哲学の道はあまり行ったことがないのですが、多くの方が訪れるので撮影には大変のようですね。
Posted by まるちゃん at 2011年04月15日 20:09
まるちゃんさん コメントありがとうございます。

 桜が満開の時期に行ったのは初めてだと思いますが、有名どころは平日でも見に来る人が多いですから三脚があった方が良い645Dでは辛いですね。
 それでも、目でしっかり満開の満喫してきました。
Posted by Hide at 2011年04月15日 22:40
哲学の道は、岩村さんや鈴木三日さんの写真を見て、一度行きたいと思いつつ、未だ実現していません。
疎水に落ちる花びら、散り際が良いようですね。
Posted by ささやん at 2011年04月17日 22:35
ささやんさん コメントありがとうございます。

 私もそんなに何度も行っていませんが、良いところですよ。有名すぎて平日でもそれなりに人が多いですけどね。
 桜のベストシーズンに撮影するのは難しい、ましてや天候までピッタリとは行きませんしね。
Posted by Hide at 2011年04月18日 21:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック