2007年05月19日

淡路島ツーリング

1yhwdkby
 職場仲間でのツーリングで淡路島一周に出かけた。明石のタコフェリー乗り場に8時集合なので、前夜にMapFanで調べると、中国道と阪神高速の北神戸線を利用して自宅から40〜50分と出るので、いつもの出勤より早起きして7時出発としたが、中国道に乗ったところ渋滞表示。

 日頃、中国道は走らないが、こんな朝早くからでも混んでるのか?と思ったら事故渋滞のようだ。ちょっと遅れるかも知れないが、8時近くなったら世話役に電話することにして焦らず、北神戸線へと進める。

 北神戸線に入ると電光掲示板に「雨・スリップ注意」と表示されている。幸いに路面は少し濡れているが、空を見ると雨雲らしきものはないのでどうやら雨は上がったようだ。
 それにしても、5月中旬とはいえ、六甲山の北西を走り抜けるので、雨上がりは寒い。Gパンじゃなくて革パンを履いてきて正解だったようだ。

 高速を降りて、フェリー乗り場まで8kmくらいのところで、集合時間の10分前になってしまったので、ちょっと遅れると電話をすると、他にも一人が渋滞に掴まって遅れているとのこと。

 遅くなったが5名全員が揃って、9時発のフェリーに乗船。しばし船内で雑談をした後、下船して右回りで淡路島ツーリングを開始するが、ちょっと天気が冴えない。雨じゃないから我慢ってところですかね。

 立川水仙郷あたりの県道76号線は狭いな。探偵ナイトスクープでも取り上げられたという「謎のパラダイス」は看板だけ見て、何が謎かは確かめずに通過し、謎が残った(笑)。

 淡路島の南端にある道の駅「うずしお」に到着したのが12時少し前だったので、まずは昼食でお腹を満たすことにする。明石じゃないが、タコと鯛が美味しそうである。ボリュームもあったが、ちょっと値段設定は高めじゃないの?

 食後、大鳴門橋の近くを散策。渦潮はハッキリ見えなかったが、川並の流れのある海は迫力ある。その後、お土産に「いいだこの柔らか煮」、「玉ねぎ煎餅」そして長い名前の「ゆずこしょうと玉ねぎのめっちゃはいってるドレッシング」を購入する。
 
 西海岸を北上するのだが、西海上から雨雲が接近してきて雨をパラパラさせてきた。この程度の雨であれば、RTならカッパが要るほどじゃないが、シールドがないハーレーの場合はカッパが要る雨だと感じるのだろうか。

 まぁ、雨脚が強くなる前に着た方が万全ではあるが・・・、
カッパを着る時にちょっと大粒になった雨は再出発後、すぐに弱まり、そのまま降り止んだ。雨雲は南東方向へ移動しており、我々が向かう方向と違ったことで大雨の中を走ることにならず済んだようだ。

 もっと天気が良ければ、もう少しノンビリしても良かったと思うが、再びタコフェリーに乗って明石へ15時30分過ぎに到着。
 ここで解散して、私は往路と同じルートで帰宅することにした。北神戸線はやっぱり少し寒かったが、中国道に渋滞もなくスムーズに帰宅出来た。

 走行距離:288km ・・・ 思っていたより短いな。

 P.S. 明日は1年振りに御坊の「みるとす」へ行く予定。タンデムツーリングでも問題なさそうな天気かな。

posted by Hide at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | R1150RT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック