2007年05月04日

信州ツーリングレポート2日目

Nsz7k843
 2007GWの信州タンデムツーリング2日目(4/27)のレポです。

 「京こじま」での朝食もおかずが多い和食で、ご飯とみそ汁をお代わりしてしまい、朝から食べ過ぎ状態でした(笑)

 パニアケースに荷物を入れ、京こじまのオーナー夫妻に見送られて出発した。前夜の天気予報では開田高原の最低気温は氷点下であったので、濡れた路面が凍結していないだろうかと心配したが、カラッと晴れたため、出発する頃には路面は乾燥していてそんな心配はなかった。
 それよりも、陽が当たっているので体感的には昨日より気温は高いと感じるほどである。

 機能はまったく見えなかったが、雪が残った御嶽山が青空に映えて気分は上々です。水芭蕉を横目で眺めて白樺並木の開田高原の雰囲気を楽しみながら、国道361号線の地蔵トンネルを抜けた時に見える駒ヶ岳も綺麗でした。

 国道19号線に出てRTにも朝食代わりのガソリンを満タンにして、道の駅「木曽駒高原」でちょっと休憩してから奈良井宿へ向かう。

 平日だから奈良井宿の中も観光客はそんなにいないだろうと思って、宿場内へRTで乗り込み、以前にも珈琲を飲んだ喫茶店「松屋茶屋」へ寄って、オーナーから、先日はトヨタの新車CM撮影があったとか、西田敏行さんがドラマ(映画?)の撮影で来てこのカウンターに座ってコーヒーを飲んでいた。などの話を聞きながら、美味しい幻のコーヒーをいたきました。

 奈良井宿を後にして塩尻市内へ入る手前から県道へ逸れて、サラダ街道へ入り北上する。この道からはアルプスが綺麗に見えて大阪じゃ味わえない気分で最高。
 
 安曇野市の道の駅「ほりがねの里」でトイレ休憩し、昼食をどうする、やっぱり蕎麦か?と相談したが、二人とも朝食で腹一杯食べたのでそれ程お腹が空いていないため、「大王わさび農園」に売店があったはずなのでそこで何か軽いものをお腹に入れることに決定した。

 前回来た時は真夏だったので、わさび畑には日除けの黒いカーテンが張ってあったが、今回はわさび畑が見渡せると共にわさびの花も見ることが出来た。
 さて、昼食には「岩魚の塩焼き」と「岩魚のわさび焼き(素焼き)」そして「わさびコロッケ」でお腹は満足しました。

 わさび農園を後にして、アルプスがよく見える県道51号線で北上しましたが、ちょっとノンビリしすぎて、大峰高原へ寄る時間的余裕はないと判断してパスしたが天気も良かったので残念だったな。

 本日最後の休憩ポイントとして道の駅「白馬」へ寄り、自分用のお土産として地酒を購入する(これは既に
別記事になっています)。
 妻に何か欲しいものがある?と聞いたら、昨日立ち寄った道の駅「大桑」でも言っていたが、家の「お味噌」が無くなったので欲しいとのことだが、味噌は最終日にも買えると思うと言うと、それなら「トマトケチャップ」が美味しそうと言うので、地酒と一緒にクール宅急便で送ることにした。

 買うべきもの(それって、酒のことか?)を買って満足したので宿へ向けて出発し、17時近くになりましたが無事到着しました。

 本日の宿も初めて泊まるところですが、白馬乗鞍スキー場のすぐ近くにあるペンション「バク」(今回も別記事にします)です。
 豪快に笑うオーナーに「寒かったでしょう?」と出迎えられましたが、「昨日は寒かったが今日はそれ程でもなかったですよ」などと話しながら、バイクを屋根のある車庫へ入れさせてもらえて嬉しかったです。

 本日の走行距離:167km ゆっくりしたので、距離の割に時間がかかったな。

 写真は御嶽山、奈良井宿、わさびの花、昼食の岩魚、安曇野の水車、安曇野から見えたアルプスです。

posted by Hide at 21:09| Comment(2) | TrackBack(0) | R1150RT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この日は最高のツーリング日和だったようですね。御嶽を背景にしたツーショットはなかなかのものです。また、大王わさび園のわさびも、みずみずしさが漂っています。安曇野の水車小屋はよく写真で見かけますが、昨年は雨で立ち寄ることが出来ませんでした。
Posted by hanasaku at 2007年05月05日 08:16
hanasaku さん コメントありがとうございます。 二日目と最終日は最高のツーリング日和でした。 この時期の信州は晴れたら残雪のある山々が綺麗で最高ですね。
Posted by 気ままな中年ライダー Hide at 2007年05月05日 21:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック