2016年06月27日

室積 光(著) 『埋蔵金発掘課長』 読了

20160627

いつものように会社帰りに書店をウロウロして、面白そうなタイトルに釣られて購入。

財政難の日照市に、軽いノリの市長が「埋蔵金発掘課」なるものを秘密裏に?作って、財政再建を狙う。

そんなアホなっ・・・ていう話をどう進めるのか。

その昔、糸井重里らが超能力者?の助けを借りながら、徳川埋蔵金を探すべくバックホウを使ってガンガン掘削するTV番組をおもしろ可笑しく見ていたが、そんなことじゃ本にならないのでどんな風に話を進めるのかと思ったら、霊感?が強い巫女さんこと神田妖子が登場。

やっぱり、埋蔵金探しには特殊な能力者が必要なのか?(笑)

その神田妖子の能力は優れていて、「ここ掘れ!」と指示する場所を掘ると・・・なんと、いきなり壺に入った古銭が出てきた。これで、序盤で財政再建できた。なんて話にはならないのは当たり前。

古銭が壺の中で固まっていて取り出せないからと、壺を割って取り出した結末はお約束通りで予想できたが(^^;

その先も神田妖子に頼りながら、埋蔵金発掘を進めると人骨が出てきたりのあり得ない話ばかりのおちゃらけだけで話が進むのかと思ったが、後半は戦時中の海軍工廠があった秘密基地の話になっていき、特攻兵器の回天がでてきて、開発者の心情など真面目に考えさせられるところもあって、笑えた割に?良い本だと思います。

面白いキャラクターが揃いで、こんな職場だったら楽しいだろうな(^^;

posted by Hide at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする