2016年05月21日

有川 浩 (著) 「植物図鑑」 読了

20160521有川さんの本は何冊目だろう?何だかんだでそれなりに読んでいるはず。 やっぱり、面白いですからね。

さて、この本は以前「三匹のおっさん ふたたび」を読んだ際に、ネット仲間の岩ちゃんからコメントをいただいて一度読んでみようと思いながらも、先送りになっていたのですが、どうやら映画化されるようなのでその前に読んでしまうことにした。
おっと、「高畑充希」のファンという訳ではないですが(^^;

独身の女性が、空腹で行き倒れに近い状態の見ず知らずのイケメンを拾って同居させるというあり得ない?設定で始まるが、まぁ、それは小説だから良しとしましょう。

この同居を始めたイケメン男がやけに雑草に詳しい。しかも、名前を知っているだけではなく、その食べ方も詳しい(笑)

もっとも「雑草という草はないんですよ。どの草にも名前はあるんです」というのは有名だが。

序盤の部長との外回りのシーンで、この男性が突然消えていくことは分かるのだが、それはいつなのか、その理由は?そして、ラストはどうなるのか?と思いながら読み進める。

まぁ、少々メルヘンチックで、若い女性向けかな?とも思うが、私のような年代が読んでもなかなか良かったと感じた。
個人的にはカーテンコールの「午後三時」がいいな。

まぁ、これを見に行くのはちょっと恥ずかしいから、映画館まで足は運ばないでしょうが、TUTAYAに出回ればレンタルしそう(^^;

「空飛ぶ広報室」も文庫化されたので買っちゃった。楽しみです。

posted by Hide at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

海月 ルイ (著) 「十四番目の月」 読了

20160504

何か次に読む本を買わねばと思いながら、これといった本が見つからなかったので、以前、妻がBOOKOFFで購入していた文庫本が本棚に入っているのを見つけ、どうやら推理小説のようなので読んでみた。
 
誘拐事件だが、犯人の誘拐目的が見えてこない。一応、身代金を要求しているが2千万円とは安い感じだし・・・誘拐した子供の家は裕福ではないから、その程度が限界なのかもしれないが。

バツイチで子持ちのピアニスト「浅野奈津子」、その奈津子が所属する事務所の社長「篠塚梓」、女性タクシー運転手「中林早苗」、その母親「ミヨ子」、ホテルの従業員らが登場するが、どれもそんなに怪しくない。

なかなか、これが犯人では?と思える内容が出てこず、う〜む?と思いながら読み続けると、終盤になって一気に謎解きが。
ちょっと、ラストで急ぎすぎと言うか、そのせいか、それまでが間延びしたように思えてしまうのは残念かな。

それにしても、このタイトルにした意味が私の読解力では??状態です(^^;

posted by Hide at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

安藤 祐介(著) 「営業零課接待班」 読了

20160503-1

安藤さんの本は初めて読むと思う。
書店の平積みで、ちょっと気になるタイトル(笑)で思わず購入してしまった。
 
会社から退職勧告を受けてしまった社員らが1年間限定のプロジェクトチームとして新設された接待営業専門の部署「営業零課」で起死回生の逆転劇。
 
ありえない話だが、サラリーマンなら多かれ少なかれ経験するような諦めや挫折をチームワークとコミュニケーションで乗り越えていく話は良いかも。
 
ただし、こんなに飲み続けていたら、プロジェクトを成功させる前に体を壊してしまうだろうけど(^^;

表紙の絵は自分が思い浮かべるイメージと違うが、まぁいいか。

話の中で出てくる「積極的脱力思考」は良いかもね。確かに人の目なんか気にする必要ないかもね。

posted by Hide at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする