2016年01月20日

右膝の痛み・・・MRI診断

年末のライドで痛み出した右膝の痛みは、普通に歩いたり、階段を上ったりする程度では痛く無いが、まだ、しっくりこない。

先日のレントゲンで「軟骨はすり減ってない」ことから、筋肉の痛みでは?との話だったが、比較的?大人しくしているのに消えないと言うことは筋肉痛のようなものではないだろうと考えて、再び整形外科を受診することにした。


水曜日は“膝・スポーツ外来”のドクターが診察してくれる日なので、休暇を取って行ってきた。

問診などで「半月板損傷では無く、膝関節の中にある、“ひだ”の先端が挟まれて痛むのだろう」ということで、MRIを撮って確認してみることに。

MRI画像診断の結果は、診断通り、「膝の内側にある“ひだ”の先端が膝のお皿と大腿骨の間に挟まれており、深く膝を曲げたり、自転車のように繰り返し曲げ伸ばしすると痛むことがある」ということでした。

帰宅後、ネットで調べるとどうやら「タナ(滑膜ひだ)障害」のようだ。


原因はわかったが、治療はできるのか?

どうしても、痛みに我慢できないなら、内視鏡手術で“ひだ”の先端部分を除去する方法があるそうです。
少なくとも、3日くらいは入院が必要のようだが、他院後に杖などは必要とせず、普通に歩けるとのこと。


う~む、どうするかなぁ~

平常時は痛くないので、今すぐ焦ることは無いが、自転車に乗れないのはつまんないしなぁ~。

心の中では・・・6割りくらい手術に傾いているが、今度、自転車でノンビリと走ってみて痛み具合を再確認してみるか。

posted by Hide at 14:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

三秋 縋(著) 「三日間の幸福」 読了

IMG_2s三秋さんの作品を初めて読みました。
書店で平積みされていて帯に書かれた「寿命を買い取ってもらってきた。一年につき、一万円で。」を見て、面白そうだな思ってと購入。
 
実際に自分の寿命を売れる訳はないが、人生に絶望して寿命を売るのは、ある意味では自殺か?
 
寿命の査定が1年につき1万円って、いくらなんでも安すぎない?
いくら人生に絶望していても、売るかぁ~?って言い出すと前に進まないので、その点は横に置いておこう。

3ヶ月を残して売った寿命が尽きるときにどうなっていくのだろう。一発逆転で買い戻すことができるのだろうか?と思いながら知らぬ間に引き込まれて読み進めて行ってしまった。 
 
そういうラストか。だから、こうしたタイトルになっているんだな。
 
所々、謎が残ったが、映画かドラマ化しても面白いのでは?・・・と言っても、映画館までは足を運ばずTUTAYA待ちだろうけど(^^;

posted by Hide at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

垂水~舞子、明石焼き。そして、麦屋さんで夕食

備忘録代わりに昨日の日記を(^^;
 
天気も良かったので写真を撮りに行こうと出かけました。
 
どこへ行こうかなぁ~と考えていましたが、一度、夕陽を撮りに行きたい明石大橋の撮影ポイントの下見を兼ねて行ってみることにした。
page

折角なので垂水駅で降りて五色塚古墳を見て海岸沿いを明石大橋へブラブラしました。
途中、雲が多くなったものの、概ね陽が射していました。しかし、思ったよりも風があってちょっと冷えたし、歩き疲れたので明石まで行って、明石焼きを食べて帰って来ました。
やっぱ、ビールと明石焼きは合うなぁ(笑)
  
今度は晴れた日の夕刻にあわせて行ってみようっと。
もっとも、一度や二度行ったくらいでは、綺麗な夕陽には会えないでしょうけど。
 
 
帰宅後、近くの蕎麦屋さんへ。
毎年のように「年越しそば」を食べに行くお店ですが、昨年から夜の営業も始まったので一度、行ってみねばと思っていた。
page

夜のメニューはお蕎麦だけでは無く、JAZZが流れる中で手の込んだ肴をつまみに、落ちついて飲むことができ、良いっすね。また、行こう。

女将さんとは今まで話したこと無かったのですが、私と妻のことを覚えていて、晴れて常連客となりました(笑)

posted by Hide at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする