2015年11月01日

ライド&パンク

まだ雨の心配がなさそうなので、ひとっ走りするかと出かけたのですが、五月山を上り始めると、何となくいつもより重く感じる。
2015-11-01_091055-_XQ2-DSCF1768_sいつもシッティングで上れる坂が、ダンシングで体重かけないと上れない。昨夜は飲んでいないし、先週走っていないだけなのに、やけに体のキレが悪いかなぁ~と思いながらも、日の丸展望台まではノンストップで上りきり一息入れる。

さて、この先どこへ走りに行こうかと思いながら、リヤタイヤを手で押すとエアが減っている。

あれぇ~?家を出るときにちゃんと入れたのに・・・そういえば、先週乗らなかっただけなのにいつもより減りが多いなぁ~とは思ったのだが、パンクしているのか?
一気にエアが減っていないのでスローパンクなんだろうか?

2015-11-01_091043-_XQ2-DSCF1767_s 2015-11-01_092839-_SO-01F-DSC_0013_s 2015-11-01_094456-_SO-01F-DSC_0014_s

念のためタイヤを外してチューブを取り出して、少しエアを入れて耳を当ててみたが、空気漏れはよく分からん。タイヤの内面を手で触るが、何も入っていない。

せっかくだから、チューブ交換することにしたが、リムテープの粘着力が弱ってきているようで、ズレてきている。
まさかコレが原因だとは思わないが、早めに交換した方が良いなと判断し、チューブ交換してエア漏れがないことを確認して一旦帰宅することにした。

ハンディポンプで何キロの圧力まで空気を入れられたか分からなかったが、帰宅してフロアポンプでさほど補充する必要もなかったので、それなりの圧力まで入れられた感じ。
インフレーター使わなくても大丈夫という自信にもなったかな。

2015-11-01_111100-_XQ2-DSCF1769_s今日のライドは終了にして、自転車屋さんへ向かう。リムテープだけ購入して自分でやろうかとも思ったが、交換作業もお願いすることに・・・う~む、軟弱だ。
今回のリムテープはシマノの貼り付けないタイプにしてもらいました。


そろそろ、チェーンも交換時期が近づいてきているが今回は先送り。
コンポをULTEGRAか、新型の105に替えたいしなぁ~。


帰宅して昼食を済ませ、外したチューブが本当にパンクしているのか確認しみてることに。

少し空気を入れてみるが、やはりよく分からん。もう少し空気を足して、水を張ったバケツにチューブを通すが、最初は分からなかった。
もう少しゆっくり水の中を通過させると、少しですが空気が漏れているところがありました。

よ~く見ると、何か細いトゲのようなモノが刺さっているので、引っこ抜くと水を使わず、耳でもエア漏れが分かる程になった(笑)

2015-11-01_134203-_X30-FX309120_s刺さっていたモノは肉眼(老眼?)ではよく分からないので、マクロ撮影してみる。さすがにデジイチまで使わなかったが(笑)

これは、釣り針だろうか? チューブに刺さっていた位置をもとにしてタイヤをチェックすると、表面に少し傷が付いているのでここから貫通したのか。

このタイヤにしてから2度目のパンク。走りは軽くて気に入ったが、耐パンク性能はよくないのだろうか、それとも単なる偶然か?




本日の走行距離:約 26km。走ったうちに入らんくらいの距離だが、まぁ、仕方ないな。

posted by Hide at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | CARRERA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする