2015年03月08日

いつもの有馬街道ポタリング

まだ、右肩の調子は完全復活していなし、膝も爆弾抱えているようで心配だが、かれこれ1ヶ月以上走っていないし、今日は暖かくなりそうな予報だったので、いつものコースを軽く走って体の調子を見てみることにしました。 
 
天気予報通り・・・にはならず、ほとんど陽が射ささなかったし、風もそこそこ吹いていたので体感温度が一段と低かったのだろう。正直言って、寒かった。

予報が外れることを予測して、ウインドブレーカー持参で正解でした。
もっとも、有馬街道の上り坂は暑かったけど(^^;
 
心配した右肩は後方を振り返るときに少し痛むが、走る分には大したことは無い。
膝も一瞬、痛みそうな気配もあったが、最後まで大丈夫だった。
 
いつもより、スローペースだったかも知れないが・・・とりあえず、約50kmのショートライドなら大丈夫か。

本格的に暖かくなれば・・・心配も徐々に解消できるかな?

DSC07684_s DSC07686_s DSC07694_s

自転車には関係ないけど、芦有ドライブウェイは通行止が続きますね。

帰りの有馬街道を一気に下ってくると体が冷えるので、蓬莱峡でちょっと止まって写真撮影していましたが、青空じゃないので、今ひとつですな。


本日の走行距離:約52km

posted by Hide at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | CARRERA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

横山 秀夫 (著)「64(ロクヨン)」

64_s

久しぶりに上・下巻の長編を読んだ。
横山さんの本は「出口のない海」、「震度0」、「影踏み」、「クライマーズ・ハイ」、「顔FACE」を読んでいるが、久しぶりだ。

この中でしっかりと記憶にあるのは、「出口のない海」、「震度0」、「クライマーズ・ハイ」かな?。

有名な「半落ち」は映画を見ただけで読んでないな(^^;

話を戻そう。横山さんは「震度0」以降、執筆されておらず、「64(ロクヨン)」が久々の長編作品なので、久々のはずだ。

「震度0」を思い出させるかのように警察内部の対立が入っているが、こちらの方は県警内部(刑事部と警務部)、警視庁と県警、広報室と記者クラブの対立など複雑ぽい。

内容を書くのはやめておくが、上巻の終盤で、ある程度見えてきたので、これじゃ下巻はダラダラと引き延ばすだけか?と心配したが、そうではなかった。さすが、横山さん捻ってありました。

だけど、最後は、あれで終わっちゃうのか。う~む。

NHK土曜ドラマはどんな感じだろう。見たくなった。

posted by Hide at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする