2011年06月18日

ローラ台 First impression

 午前中なんとか雨が降らずに済みそうなら、近場を自転車で走ろうかと思っていたが、「昨日届いたローラー台に乗れ」という天の声?なのか小雨が降っていました。

 そんな訳で早速、車庫でセッティングしました。赤色が欲しかったが、漕いでいる時には色は関係ないか。(写真左の右端は愛馬のRTです。俺の横で何を始めるんだ?って感じて見ている・・・そんな訳ないか)

 さて、ファースト・インプレですが、ヘッドフォンでアップテンポの音楽を聴きながら乗っていましたが、音も気にならないし、なかなか良さそう・・・って他のローラー台に乗ったことがないので比較できませんが。

 漕ぎ出しは意外と負荷を感じます。負荷変更のリモコンがあればもっと良いのかも知れないが、軽めのギヤからスタートすれば特に気にするほどのこともないかも。
 もっと強く漕げばスリップ感が出てくるのかも知れませんが、今日のところは、そんなに気になるようなことはありませんでした。

 路面や車などに注意を払う必要がないし、ヘッドフォンで音楽を聴いていても事故などの心配もないので、心拍数とケイデンスを見ながら、引き足を意識したトレーニングにはもってこい。

 サイコン代わりに使っているoregon300は速度と距離がGPSで測定なので、ローラー台では何km走ったことになるか判らない。ガーミンのケイデンスセンサーはスピードセンサーでもあるが、oregonにその機能がないのが残念。
 今回は90分間漕ぎましたが、あのギヤとケイデンスなら三十数km位かな。

 それにしても、風を切って走っていないので、10分ほどで汗が吹き出してきて、30分も乗れば汗びっしょりになってしまう。終わった時にはハンドタオルが絞れるほど。
 扇風機かサーキュレーターが必要か。あの負荷はマグネットによるものだから小型の発電機にして扇風機を回すってローラー台があればエコなんだが(笑)

 それにしても、90分連続で漕ぐと意外と疲れるなぁ~ 外だと信号などで止まったりするのがほんのちょっとの休憩になっているのだろうか?
posted by Hide at 11:42| Comment(6) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする