2011年05月08日

ショートタンデムツーリング

 あっと言う間に連休最終日です。 結局のところ、今年のGWは後半の方が天気が良かったように思えるのは、前半のツーリングでカッパを着てばかりいたような印象が強いからだろうか?

 今日は自転車で軽く走ろうかと思ったが、折角の天気なので急きょタンデムツーリングに変更。
 朝寝していて出発が11時頃になってしまったので、日吉ダムの芝生の広場でお茶でも飲もうかと言うことで、自宅近くのお店で購入したドーナツを持参してショートツーリングに出発。
 ところが、往路で発見したカフェが気になったので、ドーナツはそのまま持ち帰ることにして、復路でそのお店に寄ってお茶を飲むことにしました。

 ここは英国か?って思わせる建物。 舗装されていない駐車場へ重量級のRTで入るのは嫌いですが、砂利敷きではなく固く締まった土で、かつ平坦だったから助かった。

ジンジャーたっぷりのケーキ

サクサクのスコーン

 私はスコーンを食べましたが、サクサクしていて美味しかった。妻のケーキも一口いただきましたが、ジンジャーたっぷりで美味しかったです。

 今年の2月にオープンしたとのことです。冬場はこちらへ向けて走らないから知らなかったがなかなか良い雰囲気でした。 まだ、工事途中のようにも見えるのでこの先も拡張するような気配。また、機会があれば寄ってみよう。

 今日はサイクリストが多かった。日吉ダムまで車で運んで、あの辺りを走るってのも良さそうだ。走り終えた後、ひよし温泉に入って帰ればサッパリするし。

posted by Hide at 21:27| Comment(8) | TrackBack(0) | R1150RT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

2011 GW タンデムツーリングVol.2

 さて、やっとGWタンデムツーレポVol.1の続きですが、どこからだっけ? え~っと、晴れを期待していた3日目の朝からだ。
 天気予報じゃ雨は大丈夫そうだが、午前中は曇っているようで、午後からは晴れるみたい・・・もう信じていないけど、期待はしてしまう自分が悲しい。


 朝食を済ませ、天気予報が大ハズレしないことを期待して、植田正治写真美術館は午後に行くことにして、蒜山高原を目指す。
 バイクで走るには今日もちょっと肌寒いです。 「ひるぜんワイナリー」でワインを飲む訳にはいかないから、珈琲を飲んで小休止。


 ジャージーランドを散策し、少し気温が上昇してきたのでジャージーソフトを食べる。そうこうしている間にお昼近くになったので、有名?な「ひるぜん焼きそば」を食べようかとしたが、ジャージーランドは売り切れでしたので場所を「レストラン白樺の丘」に移動する。
 時間的に満席を覚悟したが、運良く座れ「ひるぜん焼きそば」も売り切れておらず、無事いただきました。 確かに大阪のソース焼きそばとは違うが、まずまずの美味しさです。


 蒜山高原までは高速を利用しましたが、ワインディングを楽しみながら大山まで戻ります。道路脇にしかkり残雪がありましたが気温はそこそこ上がっていたので、さほど寒さは感じずに済みました。
 残雪、桜そして新緑の中、道も昨日のような狭さはないのでコーナリングがしっかり楽しめました。

 予定通り?天気予報はハズレて、午後からも青空とはならず、曇っていましたが念願の植田正治写真美術館へ行ってみました。 妻も椅子に座って大山を見ています。


 明日はメイストームが予想されているので、ガソリンを満タンにして車重を増やして風で倒れ難くしてから本日の宿「マナーハウス」へ到着です。

 アンティークショップも兼ねているので、珍しいものもいっぱいありました。食事も美味しいし、是非ともまた訪れたい宿の一つです。
 明日は雨と共に帰るのかなぁ~と心配しながら眠りにつきます。

 さて、最終日の朝になりましたが、雨は降っていません。上手く天気予報が外れたか?しかし、風はそれなりに強そうで、RTにカバーを掛けて止めていたがさすがに捲れていました。
 朝の天気予報を信じれば、ゆっくり目に出発した方が、雨が上がった後を走ることになりそう。


 朝食をいただき、カッパを着ずに一路大阪向け出発です。
  (注)ヨーグルトは宿ではなく、サービスエリアで食べたものです。

 結局、最終日は帰ってくるだけになりましたので、自宅には15:30頃に到着できました。幸い大した雨も降らず、暴風にもならず良かったですが、今年のGWタンデムツーリングは天候に恵まれず今ひとつでした。初めて大山・蒜山へ行きましたが、天気が良ければ気持ちよさそうな所が多いので、リベンジ必須です。
 左の写真は、自宅近くの居酒屋での夕食です。


 今回の走行距離:約606km

 なぜかRTで泊まりのツーリングに出かけると、よく雨に降られるので、もう少し高級なカッパを買っても元が取れそうだな。
posted by Hide at 23:23| Comment(4) | TrackBack(0) | R1150RT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

京都西山三山巡り & 激坂ポタリング。大転倒のおまけつき

 連休初の自転車です。 昨日、動物園デートとしたので、今日は一日中走ってきても良いとのお許しを頂き、朝から出かけました。
 本当ならPANTOの順番ですが、少々ロングライドの予定なのでFELTで行くことにしました。あれほどの激坂ならPANTOの方が良かったかも?

 行き先は京都西山方面です。素直に淀川沿いを上っていけば良いのですが、それだけでは物足りないかな?と思って、高槻から府道79号線で山越えするコースを選びました。

 まずは神崎川から淀川へ出て、枚方の手前から芥川を上っていきます。 この時期、芥川には鯉のぼりが沢山泳いでいるのが有名?ですね。 しかし、大量の黄砂の中を泳ぐのはちょっと辛いだろうか(笑)

 ここまでは前菜ってところで、ここからがメインディッシュです。

 西山三山のひとつ「柳谷観音楊谷寺」へ寄ります。ここは目の神様で有名らしい。私も目は良くないのでしっかり?お願いしておきました。霊水「独鈷水」が目に効くらしいですが、自転車で持って帰るにはねぇ~ ところで皆さんペットボトルに詰めていましたが、目薬代わりにするの?それとも飲むのかなぁ。

 次は「長岡天満宮」に寄ります。この時期「きりしまつつじ」が有名ですが、さすがにもう終盤で、ちょっと色が良くないな。などとお参りもせずに見ていたら、罰が当たったか、大転倒です。 SPDシューズのクリートで石を踏んだようで、見事に「足払い1本」を決められ、ひっくり返ってしまった。せめて「技あり」か「有効」程度にして欲しかった(笑)

 転ける際に右手に持っていたデジカメを庇うため、体制を入れ替えようとしたら一段と派手に転けてしまった感がある。 しかもみんなの見ている前で、あー恥ずかしい。
 何事もないように起きて、パッパッと泥を払って立ち去りましたが、左脇を打ち、左手の小指の付け根辺り少し擦りむき、お気に入りのコンプレッションウエアの左膝に小さな穴が空いて最悪(涙)。 しかも、守ったはずのデジカメもボディに少し傷がついた・・・これじゃ下取りで叩かれるなぁ~・・・って買い換え予定あったっけ? こんなことなら、デジカメを庇うんじゃなかった。

 普通の靴ほどではないが、多少は歩きやすいと言われるSPDシューズでも石畳や砂利道は注意が必要ですね。どうしても痛い目をしないと学ばない? 自棄で「焼たけのこ」を食べて、天満宮を後にしました。

 さて、次は昨年11月に、まるちゃんさんと紅葉ポタリングで行った「光明寺」へ寄ってみました。
 ここも西山三山の一つですので、三山巡りとしては外せず今回も寄ってみましたが、紅葉の時期と違って、観光客は殆ど居ませんね。

 紅葉と新緑じゃ印象が違うなぁ。


 最後に立ち寄ったのが、今回のメインとなる西山三山のひとつ「善峯寺」です。・・・が、ここへの道はなかなか厳しい坂ですね。 昨日、動物園でかなり歩いたし、楊谷寺までの府道79号線の上り坂で足に疲労が溜まって来たのか、1回休憩しなくては上れませんでした。
 しかも、一番上の駐車場までは上らず、東門側の参道入口に自転車を止めて、参道を転けないように(笑)注意して歩くことにしました。
 あらゆる痛みに効くお守りがあるそうで、さっき転んだ時に打った左脇が痛いが、速効で効くなら買うんだが(笑)
 黄砂がなければ、京都市内も綺麗に見えるんでしょうね。奥の院まで行くと昼食時間がさらに遅くなるので、今回は途中までにしておきます。いつかまた・・・あの坂を制覇しに?
 
 さて、やっと昼食です。善峯寺から少し下りたところで、上る時に見つけておいた「たけのこ料理のお店」で、旬の「たけのこご飯」をいただきました。今朝採ったばかりの竹子の子らしいですが、さすがに美味しいですね。

 さて、これで三山巡りは終わったので帰路につきますが、単純にグルッと左廻りで帰ろうと考えてたコースがあんな激坂だっとは・・・下調べ不足だった。
 写真でどこまで判るか疑問ですが・・・今まで激坂だと思っていた坂は激坂じゃない。六甲や五月山の方が楽だ。ここは「坂」じゃない「壁」だと言いたいくらい。(あくまで私の体力ではね)
 アスファルト舗装から、一般公道ではあまり見かけないコンクリートの滑り止め舗装になっている所があるほどの急勾配ですからねぇ。 上から車が来たので止まったが最後、再出発できず押して歩きました。悔しい。
 コンクリート舗装の2箇所を押して歩いただけでそれ以外は自力で上ったから、自分の体力なら十分及第点としよう。 それにしても、さすがは3桁府道。恐るべし733号線。路面も悪いし二度と来たくない坂ですが、逆回りなら何とかなるか。


 峠を越えた後は、下り一方なので楽勝で再び芥川に戻ってきました。
 本日の走行距離:約117km、最大標高差:443m、総上昇量:1057m。 4/17のポタリングと数値的には大して変わらないが、今日は淀川など河川沿いの水平部分がかなりあるので、厳しさは桁違いか。
 今日のポタリングで今年の走行距離がやっと1,000km超えたました。

posted by Hide at 21:32| Comment(8) | TrackBack(0) | FELT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする