2011年04月03日

五月山の開花状況確認ポタリング

 またしても寒くなってしまいましたが、五月山の開花状況はどの程度か確認がてらに午前中だけPANTOで軽く走ってきました。
 秀望台より下の方は少し咲いてはいるが、まだまだ見応えはない。毎年のように花見をする愛宕神社辺りは全く咲いていないと言ってもよいくらいです。

 火曜日頃から気温が戻るような予報だったから、今度の土・日には花見が出来るだろうか?・・・などと考えながら、写真撮影は復路(下り)にして、いつものように往路(上り)はノンストップで日の丸展望台まで走ることにする。
 途中で「写真を撮るため」という理由をつけて止まりだすと、上り坂に対する挫折に繋がる恐れもあるしなぁ。 途中で止まらず日の丸展望台まで来られるようにはなっているが、やっぱりきつい。時間は短縮できているのだろうか? GPSのLOGを見ると今回は約20分。初めてノンストップで上った時が約21分。う~ん、これを短縮できたというのか、誤差というのか悩むところだ。

 そんなことはさておき、小休止して再び走り出す。どこまで行こうか?真冬の間は通行止めだったが、いくらなんでも解除されているはずなので、箕面川ダムを経て箕面ビジターセンターまで下りてみることにする。

 ビジターセンターの入口には大阪サイクリング協会の郵便受けがある。ここまで自転車で来た会員がサインしておくノートなどが入っている。私も会員ですが逆ルートできたのでサインして良いのかどうか判らないから、今回はサインするのを止めておこう。強者は年間に200回近く来てサインしているから凄いですね。

 思ったよりビジターセンターが近かったので、もっと下りてからUターンしようかとも思ったが、帰りに桜の写真を撮る時間が無くなるのでここでUターンする。 箕面川ダムを過ぎて暫くは良いが、その先「みのお記念の森」までが五月山の登り口並の激坂です。 昨年5月にFELTで走った時は途中で止まらないと上れなかったもんね(そんなこと自慢してどうする)。
 今回は「あの電柱まで」、「あのカーブまで」と目標を先へ先へと延ばしたら、止まらず「記念の森」まで上れました。PANTOとFELTの違いもあるはずだが、これはやっぱり継続は力なりか。

 記念の森の桜はソメイヨシノじゃないみたいですが、つぼみはまだ小さくて固そうですから、ここは来週じゃまだ早いでしょうか。 木蓮?もまだ左の写真程度ですからね。
 記念の森を小休止がてらに散策してから、五月山の桜の写真を撮りながら帰ることにする。

 全景を見てもらえば判るように、まだまだですね。

 それでも、アップにすれば見られる木もあります。青空じゃないので右の写真は強めに露出補正したものから色調整しました。

 本日の走行距離:約33km、最大標高差:555m、総上昇量:811m う~ん、さすがに距離は短い。
 今度は箕面川ダムからR423へ抜けて、妙見山を目指してみようとも思うが、3時間以内に帰ってくるのは無理かな?・・・と言うより、坂に懲りていないなぁ。 そう言えば、まだFELTで五月山をノンストップで走っていないから、そっちが先か。


posted by Hide at 17:42| Comment(4) | TrackBack(0) | GIOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする