2010年05月31日

大台ヶ原散策
















 昨日、hanasakuさん夫妻、まるちゃんさん、そして妻の5人でシャクナゲの咲く大台ヶ原を散策し、約20年ぶりの大台ヶ原を楽しんできました。
 写真はまだ整理していないので、また明日以降にします。

 GPSの記録では約6.9kmでした。

posted by Hide at 23:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

久々に焼肉

久々に焼肉
 今日はしゃくなげの撮影で大台ヶ原を歩いて来たから、スタミナ補給で焼肉屋に来ました。
 
 それにしても焼きながら記事を書くのは忙しいな。ビールも飲まなくてはいけないし…これじゃ、大台ヶ原の記事は明日以降になるが、ご一緒したhanasakuさんとまるちゃんさんが先に書いてくれるでしょう。既に他力本願モードになっている。
posted by Hide at 19:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

小山薫堂(原作),白戸ふみか(著)「おくりびと 第二章」

 あの「おくりびと」の終盤で主人公の妻である美佳が妊娠したことが明らかになっていたが、これはその7年後の話になっている。今度は映画じゃなく、舞台なんですね。

 主人公の大悟はNKエージェントで仕事を続け、子どもの哲士は小学生になり、大悟からチェロを習いながら優しい子に育っていき、親子3人幸せな生活をしていたのだが、子どもたちのいじめが始まって悲しい展開に・・・。この方が感動が大きな気がします。
 

 終盤に大悟の母の口癖として「人は知らず知らずのうちに、最良の人生を選択しながら生きている。・・・・自分にとってはこれが一番幸せな生き方だ」 「どんなにつらくても、その先にきっといい未来がある。だから、今のできごとはそのための試練なのだと。起こっていることは自分に必要だから起こるのだ」と載っていた。難しいことですが、辛くてもポジティブに考えなくちゃねダメですね。

posted by Hide at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする